中部関西乗車録

乗り鉄メイン。写真無し。

春の但馬乗り鉄旅行①

突然ですが、今回より乗り鉄旅行記を始めます。今回の旅行は春に決行した物です。

私は青春18きっぷの常連で、この旅も青春18きっぷを使用しました。(青春18きっぷの説明は省きます。)

さて、旅行記の開始です。

旅のスタート某駅から名古屋へ向かいます。名古屋からは7:02発区間快速に乗車。

米原では地獄?の乗り換え。

私は普段勝つのですが、今回は敗北。

理由は接続の新快速が近江塩津発で、米原駅で8両を増結するのですが、私は区間快速で後ろの方に乗車した為、まだ真正面に車両が無かったのです。

そして、入線して来た車両には案の定ほぼ席が埋まっている。仕方ないので相席に。

まあ、草津で空いて独立を回復出来ましたが。

京都では少し余裕があったので、成城石井でますの寿司を仕入れます。そして、帰りの特急券も購入し、8:58発普通に乗車。車両は221系です。車窓は京都鉄道博物館や橋の上にある保津峡駅保津峡並河駅の鉄道歴史公園が面白いです。園部で223系低性能車に乗り換え。席取りは勝利!

ほくほく顔で京都で仕入れたますの寿司を食します。途中の船岡駅下山駅では長時間停車。下山では287系特急きのさきとすれ違い。

福知山駅到着直前では福知山城が見えます。いつか行ってみたいですが、駅から遠いのがネック。福知山駅では113系普通に乗り換え。草津線でも113は楽しめますが、リニューアルが進んで居ないのが、乗り鉄的にはいいですね。113の旅を楽しみます。和田山では5分の停車。せっかくなので、跨線橋を渡り、播但線キハ40を駅撮り。他にも数人居たので、皆考える事は同じ様です。和田山では古い建物もありました。(興味ありませんが。)

そんなこんなで豊岡到着。

続く。