中部関西乗車録

乗り鉄メイン。写真無し。

赤穂線に乗車 大波乱の岡山珍道中④

大久保駅から普通姫路行きに乗車します。

車内はまあまあ混んでいました。

時刻表とiPhoneの時刻を確認するとギリギリ間に合うか、間に合わないか...。

といった微妙な時間帯。

もの凄く不安ですが、この普通姫路行きを信じて姫路に向かいます。

姫路到着。

急いで地下通路を渡り、乗る予定の播州赤穂行き普通が発車するホームへ。

車両が居ません!

駄目だったか...。

仕方ない、姫路城を観光して、未乗の播但線加古川線に乗って、日本へそ公園に行くか...。

そう思い掛けた途端、神戸線の接近音とアナウンスが...。

「先発の新快速網干行きが発車して居ませんが、普通播州赤穂行きを定刻通りに発車致します。」

!!!😂😂😂😂😂😂😂😂(当時の気持ち。)

新幹線ワープや運転打ち切りを経験しつつ、岡山に向かい突き進んだ結果、見事元通りの旅程に戻しました。😃

乗り飽きた225系が到着。

興奮が冷めないまま、乗車します。

これが225系デビュー時以来の興奮でしょう。(笑)

相生に到着。

対面のホームには黄色の115新見行きが。

これに乗ってもいいですが、未乗の赤穂線完乗を兼ねて、赤穂線を進みます。 

播州赤穂に到着。赤穂藩の藩庁が置かれていた都市ですが、駅前に東横インがある程度で城下町感はありません。

駅前には海が有り、赤穂城等観光資源は多そうです。

播州赤穂から黄色の115に乗車。

黄色は絵になりません。

せっかくの115ですから、しなの鉄道みたいに色々な塗装をたくさんの編成に施せば、乗り鉄撮り鉄共に集客効果があると思うのですが...。(岡山DCもあるし。)

とは言っても走行音は115のままで、我が故郷川崎を走っていた115が懐かしいです。

車内は草津線の113同様、223みたいな転換クロスシート

この列車は今日は何故か岡山行きに変更だそう。

いつもは福山行きなので、余分に乗り換えが要ります。😢

ちらちら海が見えます。ですが、海側にしてはあまり長い間海は見えません。播磨平野が綺麗です。

長船(おさふね)で食パンみたいな115とすれ違い。

西大寺辺りから車内が活気付いてきました。

東岡山から再び山陽本線に入ります。

岡山から普通福山行きに乗り換え。

また、黄色の115。

混み混みの中、倉敷到着。

大波乱の中でも無事に倉敷に到着しました。

次回は倉敷を観光します。 

続く。

因みに、間違えて自分のブログにはてなスターを付けてしまいました。(汗)